ハワイレーベルのミックスCD、ミックステープカタログです。販売中の物に関しては、ハワイレコード店舗/通販等で購入可能です。
HAWAII LABEL MIX CD + TAPES CATALOG
ON SALE
マークのついたCDはダイジェスト版で試聴可能。(試聴方法がわからない人はコチラ
JAZZ THAT SOUNDS IN NORTH AREA / dj boyfriend + babeefunk
   

永辰緒氏や小林径氏なんかの作品のように、クラブ・ミュージック目線で、生音/打ち込み問わずジャズをセレクト。
とはいえ、そこはハワイレーベル。
有名曲が沢山収録されているのに、心地良い流れでDJミックスされる事により、嫌味さをまったく感じさせない。みんなが聞きたかった曲がスムースに一枚にまとまり、何度だって繰り返し聞いてしまう。
メジャーヒットしたファレル『FRONTIN'』ジャズ・カバー、メロウ曲『FREE』カバー、『MY FAVORITE THINGS』カバー、『YOU'VE GOT FREEDOM』タイプのSLEEP WALKER、JAZZTRONIK『FEEL THE AIR』、笠井紀美子『I THOUGHT IT WAS YOU』。CORDUROY『SOMETHING IN MY EYE』、ビョーク『IT'S OH SO QUIET』といった、ツボをついた曲が、新旧問わず選ばれている。
スムースな流れを持った作品に仕上げるのが難しいジャズを題材にして、ハワイレーベルらしい独自の色と、何年経っても色褪せないエヴァーグリーンな魅力を持った作品。
ジャズのミックスCDに新しい提案をする一枚になりました。

 
MIXCD HLPCD 118
2005.06.01 release
MIX CD-R 発売中
MELLOW MADNESS VOL.3 / MURA-T
   

Soul〜R&B Classicsを中心にメロウなセレクトが好評だったシリーズの最終作がコレ。
今回はUK R&Bやそれを想起させる楽曲が中心となっていますが、ここはMURA-Tならではの『華もあるけど毒もある』セレクトで、最後まで飽きさせない作りになっています。
今回も二部構成で、MIX 1は自身が90年代に制作したプロモテープを再構築したもので、RAY HAYDEN/YOU REMIND ME〜MARY J. BLIGE/YOU REMIND ME(RAY HAYDEN REMIX)やAMII STEWART/FRIENDS(LIVE IN POMPEI)といった名曲が惜しみなく収録されています。
一方MIX 2は、QUEEN LATIFAHやALEXANDER O'NEAL、JESSE JOHNSONのUK REMIXを使用したり、数年前のイベント時に発表したFAITH EVANS/LOVE LIKE THISの自身のブレンドがお目見えしたりと、バラエティに富んだ内容となっています。
しかし全体を通しては、やはりシリーズの中の一作と思えるメロウな展開。
楽曲の良さを最大限に活かしたこのMIX CDはシリーズを締めくくるにふさわしい作品となりました。

 
MIXCD HLPCD 118
2005.06.01 release
MIX CD-R 発売中
IN THE CAFE GROOVE VOL.1 / DJ BOYFRIEND + BABEEFUNK
   

広い意味でR&Bの(ブラックミュージックに影響を受けた歌物という定義)拡大解釈というテーマで制作。口当たりの良い人気シリーズ。メロウながら甘すぎない、耳馴染みがあるのに新鮮な選曲。 00'年冬スタートの、「AM3時がおやつの時間、手作りケーキが出ます」で、「踊れて、和めるIN THE CAFE GROOVE」なDJイベント、ハワイカフェ。そのノベルティー用ミックスCDを、好評に付き販売。DJBOYFRIEND SIDEは、メジャーなアティーストなのに意外と使われてなかったボズ・スキャッグス「HERE TO STAY」や、スティーヴィー・ワンダー「HAPPIER THAN THE MORNING SUN」といった曲を新鮮な流れでMIX。 対するbabeefunk SIDEはR&Bの枠を越えたルシャス・ジャクソン「LADY FINGERS」からの流れがテーマに沿った画期的かつスムースなミックス。

 
MIXCD HLPCD 100
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
IN THE CAFE GROOVE VOL.0 / DJ BOYFRIEND + BABEEFUNK
    広い意味でR&Bの(ブラックミュージックに影響を受けた歌物という定義)拡大解釈というテーマで制作。口当たりの良い人気シリーズ。メロウながら甘すぎない、耳馴染みがあるのに新鮮な選曲がウリ。こちらは生音率高し。 ハワイカフェのノベルティー用ミックスCDの続編かと思いきや、実は99年、前進的イベント「D.P.E.」のノベルティー用ミックスCDを再リリース。だからVOL.0。BOYFRIEND SIDEは、ウォーのメロウグルーブから始まり、レニークラビッツや、D・フェイゲン、G・マイケル、そして「THERE MUST BE AN ANGEL」。babeefunk SIDEはスピーチからシンディーへの「WHAT'S GOIN' ON」繋ぎで始まり、レアな「FAMILY AFFAIR」リミックス、「RISING TO THE TOP」等カヴァー曲多めのセレクト。展開もアリつつのUKソウルの流れが気持ち良い。  
MIXCD HLPCD 101
0000.00.00 release
2003.12.31販売終了
準備中
ORGANIC SCHOOL 01/ DJ BOYFRIEND + BABEEFUNK
    TVも、宝島も、渋谷系も、ヒップホップも、マガジンハウスも、大好き。そんな、日本人だからの感覚で「ヒップホップの雑多ぶり」 を追求にしたミックスCD。マドンナの「ボーダーライン」がこんなに切ないって気付いたDJがいただろうか? エレクトロのビートの格好良さにも、しびれてしまいます。 いわゆるHIPHOPからスタートして、LAURYN HILL、WHAM!、KRAFTWERK、HERBIE HANCOCK、そしてJANIS JOPLINまで収録のオールジャンルぶり、なのに一枚のアルバムみたいに、違和感ナシ、です。ボリューム満点、トータル70分全38曲収録。Organic school 01 perfectly captures.the underground essence of the development crew's legendary osaka parties.this 2-part mix,the latest offering from hawaii label,features sets by the fancy hat wearing duo DJ Boyfriend and babeefunk(D.P.E)this releae is yet another fine example of the eclectisism for which the D.P.E crew are renowned A seemingly improbable mix of old and new school hip-hop,jazz grooves,funky beats and classic soul are blended with a subtle flair and elegance. It not only hits the spot,but creates completely new spots and hits them too.
 
HLPCT 00103
0000.00.00 release
発売中
AROUND THE WORLD IN 60 MINUTES 01 / BABEEFUNK
    メジャーとアングラがバランス良く共存。ジャズ系ヒップホップ基本曲を多用しているにも関わらず、大ネタ連発感希薄の上品な出来。また嫌味じゃ無い位の程よいバランスで、アングラを挟んでいるのがよい。ビギナーにとっては、ヒップホップの先入観を払拭してくれる内容。ファーサイド「RUNNIN'」ジャグル・ブラザー「ON THE ROAD AGAIN」ブラック・シープ「TRY COUNTING SHEEP」アグリー・ダックリン「NOW WHO'S LAUGHIN'」ジグマスターズ「DEAD MAN'S WALK」等収録。  
MIXCD HLPCD 104
0000.00.00 release
2003.12.31販売終了
準備中
THE SKY JEWELED WITH STARS-J5 BEATS / MURA-T
    時代感覚/テクニック/気持良い流れをつくる事ができるDJ、MURA-Tが、全音楽ファンに向けて、ジャクソン5の曲のみで制作のミックスCD。 「I WANT YOU BACK」「ABC」といった派手な有名曲はもちろん、ヒップホップDJの定番曲「IT'S GREAT TO BE HERE」「SUGAR DADDY」もきっちり収録。オザケンネタの「I'LL FIND A WAY」なんかももちろんおさえてます。でもやはり、「HAPPY」「MAYBE TOMORROW」「LA LA MEANS I LOVE YOU」といったスロウナンバーから始まり、フリーソウル人気曲「I WANNA BE WHERE YOU ARE」で終わるMIX1のスリリングな展開も聴きどころ。マイケルやジャーメインのソロ曲を含む、単なるベスト盤では味わえない隠れた小品を盛り込んだ愛情溢れるCD。  
MIXCD HLPCD 105
0000.00.00 release
2003.12.31販売終了
準備中
AROUND THE WORLD IN 70 MINUTES 02 / BABEEFUNK
    従来のミックステープにはセレクトされる事の少なかったネオ・ソウルや、逆にポップ感丸出し過ぎて、DJからは敬遠される曲を収録した事が幸いして普遍的なR&BミックスCDとして永遠に輝き続ける名作となった1枚。 エリカ・バドゥ『BOOGIE NIGHT』、フェイス・エバンス『YOU USED TO LOVE ME』といったネオ・ソウル名曲。シャーデー『LOVE IS STRONGER THAN PRIDE』、ダヴィーナ『I CAN'T HELP IT』等のクラシック。日本人アーティストまで違和感無く収録。R&Bの範囲内で色んなタイプの曲を収録したヴァラエティに富んだ内容。  
MIXCD HLPCD 106
0000.00.00 release
2003.12.31販売終了
準備中
A SCENE OF CHILDREN / DJ BOYFRIEND + BABEEFUNK
    新シリーズ「DESIGN FOR YOUR LIFE SERIES」。「シチュエーションに合う曲をセレクトする選曲家」と「曲をミックスさせてグルーヴ感をだすDJ」両方の良い部分の融合的ミックスCD。フォーキー/ヘッズ/ダブ/オーガニック・ソウル等、ミックスCDには敬遠がちだったグルーヴ感少なめな曲にまで選曲の幅を広げ、これまでのミックスCDの概念を打破った画期的一枚。「若い親が赤ん坊と一緒に聞ける事のできるCD」がテーマ。ケニー・ランキンの子供コーラスから始まる「LIKE A SEED」や、キャロル・キングから、後半の日本人アーティストを使用した、やさしく切ないミックスはDJ BOYFRIENDの新提案。BABEEFUNKも、メロウなダブにオーガニック・ソウルを混ぜそれぞれを分かりやすく提案。ミックス後半のイエスタデイズ・ニュー・クインテット「DAYLIGHT」カヴァー辺りからの切ない流れを強力に印象付ける内容。  
MIXCD HLPCD 107
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
MELLOW MADNESS VOL.1 / MURA-T
    現在のR&Bのルーツとなるような80年代の音源を中心に、メロウフローティングなブラック・ミュージックを選曲。
昼下がりのティータイムを意識したDAY TIME SIDEは、バーシア『UNTIL YOU COME BACK TO ME』 や、モンド・ケイン『NEW YORK AFTERNOON』といった、名曲カヴァーを中心にミックス。
夜のドライビングを想定したNIGHT TIME SIDEでは、ロイ・エアーズ『LOVE WILL BRING US BACK TOGETHER』やレイニー・デイヴィス『SWEETHEART』などネタ感を重視した選曲でミックス。
 
MIXCD HLPCD 108
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
BEGINNING OF SUMMER BREEZE / DJ BOYFRIEND
    「夏」をテーマにしたミックスCD。フォーキー、クラブジャズ、ジャズファンク等をも含めたジャ ズ感を感じる音楽をミックス。もちろん当レーベルの他のCD同様、沢山の種類の音楽が混ざ りながらも違和感の無い流れがここちよい。夏になると毎年聞きたくなる、永遠の夏の定番。
今にして思えば、「A SCENE OF CHILDREN」を制作するきっかけとなったCD。フォーキーな名曲等グルーブ感が少ない曲までもを、選曲のターゲットとしてしまった画期的な一枚。ヨーロッパのジャズ系DJが提案するジャズとして見たフォーキーサウンドに通じる前半は寂しげな夏を演出する名曲「SUMMER BREEZE」からスタート。(NICKI RICHARDSのバージョンでも有名)。オフコースの「WHAT'S GOIN' ON」カバー。Jラップネタミニー・リパートン〜ラテン・ハウス〜スタカン「LODGERS」カバーへの流れ。クリス・ボウデン以降のジャジーでスピリチュアルなミックスは、BFの新境地的名ミックス。有名曲のマイナー・カバーも沢山収録。
 
MIXCD HLPCD 109
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
BEGINNING OF +AUTUMN LEAVES / BABEEFUNK
    「秋」をテーマにしたミックスCD。歌物アブストラクト/ジャズ系R&B/ジャズ系ブレイクビーツといった、クラブでプレイされることが少ない名曲を収録。印象も違う曲が心地好い展開の流れでミックスされているが一貫してるのはどの曲も「切ない」事。少し暑さも和らいでくる頃、必ずひっぱりだしてしまう、枯葉の季節の定番。
ソウルや、ジャズ、ヒップホップ、R&Bしか収録しない従来のミックスCDから一歩抜き出た内容。フレンチでもジャズでもないジャンルでの、カフェ仕様のCDの誕生です。サバービア誌掲載ながら、彼女以外であまりプレイしてる人がいない「PROTECTION」は、エブリシング・バット・ザ・ガールのトレイシー嬢参加。同誌掲載の「JESSE」をこんな効果的にミックスできるのは彼女だけ。このCDの為に存在してるかのような、プリンス「IF I WAS YOUR BOYFRIEND」のTLCヴァージョン。続く「WANNA GET DOWN」はオリジナリティ溢れる切なく深いR&B。更に続く「MAKEDA」はディミトリもCDに収録ながらもまた違った印象を受ける。そして須永辰緒さんもミックステープにも収録の「ALL I ASK」も最高の流れで。
 
MIXCD HLPCD 110
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
IN THE CAFE GROOVE VOL.2 / DJ BOYFRIEND + BABEEFUNK
    広い意味でR&Bの拡大解釈+時代の空気を反映+今新しいと感じる事を表現。ベビファン部は、シリーズの印象を残しつつ、「こんな感じもあったか!!」的新提案多数の、シリーズ中彼女の最高ミックス!!マドンナ「SHOO-BEE-DOO」を改めて良い曲だと感じるだろうし、クラプトン「CHANGE THE WORLD」カバーや、 「GET INVOLVED」は今ジャスト。オルガンクラシックのぺドラーズ「ON A CLEAR DAY」つなぎの「REALITY」から 「OU EST LA FEMME?」。でもやはり聞き所はビョーク、ジェーン・バーキンから前半ラストまで!DJB部は最高の歌物「FLOWERS」や、ミニー・リパートンをサンプリングした「IN UR HEAD」。日本語ラップ「百万光年」と同ネタの 「QUID CONTROL」なんて新譜からのチョイス。キュビのカット・アップ的名曲や、スピナ仕事中での最高のあのブラジル曲。そしてロック系では定番ながらR&B的には無視のタヒチ「HEARTBEAT」、アヴァランチーズの「SINCE I LEFT YOU」をミックスしての収録はR&BDJの大きな指針に。大ネタカルチャークラブ「MISS ME BLIND」、シュガーベイブ「DOWN TOWN 」も。  
MIXCD HLPCD 111
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
AFTERMATH / DJ BOYFRIEND
    ハウスって奥が深く、でも単調。ハワイレーベルテイストで、おもしろいハウスCDを作ってみようと挑戦したのがコレ。飽きない流れ、ハウスではありえない沢山の種類の音がミックス。ハウスの入り口となる事、新しい捉え方でのハウスを提案。スティーヴィー・ワンダー「SUMMER SOFT」、ヒップホップヒット曲「FRONTIN'」、「HEAVY VIBES」、ミッシー「WORK IT」、トライブ「BONITA APPLEBAM」、マイケル「ROCK WITH YOU」といったヒップホップリスナーにも馴染みのある曲から(もちろんほとんどハウス・リミックス)、メロウだがドープな「4」、ポップなFPMのナンバー、メロウ・テイストの「DO YOU REMEMBER」。ハウスの中でも通常では混ざりきらない沢山の種類の音楽が、ひとつの流れとしてCDの中にパッケージング。「展開があるのに、CD1枚通して違和感無く聞ける」ハワイレーベルの持ち味を残した、新しい形のハウス・ミックスを提案する内容。  
MIXCD HLPCD 112
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
MELLOW MADNESS VOL.2 / MURA-T
   

2000年に自主制作盤をリリースし、2003年に待望の再発を果たした"MELLOW MADNESS"シリーズの続編。メロウフローティングなR&B〜ダンス・クラシックスが惜しみなく収められている作品。<BR>自身のオールタイム・フェイヴァリットであり、世間でも定番とされている曲が中心となっているが、脇を固めるのは裏の名曲と言われているようなナンバー。アーティスト名だけを挙げると、MIX 1ではヘンリー・マンシーニ、スタインスキー&マス・メディア、ジャヴァン、ジョー・パブリック、グランドマスター・フラッシュ、マイケル・ジャクソン、MIX 2ではケニー・ロギンス、ブラックナス、S.O.S.バンド、ビル・ウルファー、スキップワース&ターナー、セルジオ・メンデス...と、まとまりの無い印象を受けるが、このCDを聴くと、このセレクトでこの曲順ではないといけないと思わせる程の説得力を耳と肌と頭と体で感じる事ができるでしょう。

 
MIXCD HLPCD 113
0000.00.00 release
MIX CD-R 発売中
BEGINNING of SPRING 01 / DJ BOYFRIEND
   

季節をテーマにしたシリーズ、今回は「春」。春の雪解け、それから少しずつ暖かくなり、初夏のさわやかさまでをパッケージング。代官山のハイセンスな匂い/RJD2を軸としたリスニング用としてのアナザーサイドオブJAZZ HIPHOP/ヨーロッパのジャズ系DJが提案するフォーキーなテイストにも上手くリンク。「SUMMER BREEZE」路線のフォーキー、気持ち良いダブ系歌物に加え、ちゃんとした形での評価をされなかったメローR&Bも収録。CALMから、気持ち良い歌モノソフトダブ「OASIS」というの流れでスタート。ミックステープ収録の機会が少ないシャーデー「BY YOUR SIDE」、ソフトロック人気曲「FFELIN' GROOVY」使いのフィッシュマンズ「WALKIN'」をはさみ、スライからの流れは今聞いて新鮮なヒップホップを提案!!ジャネット「GOT 'TIL IT'S GONE」の次に、トッド・ラングレンによる「STRAWBERRY FIELDS」のカバーという流れもアリ。小沢健二さんの「カウボーイ疾走」ネタの「DARLING BE HOME SOON」からスモーキーなRJD2へと続き、そこからは、食傷気味の人にも新鮮に響くR&Bを。ローリン作のメロウR&B「ALL THAT I CAN SAY」。フランク・シナトラ使いの子供コーラスヒップホップ「WOODEN HORSE」や、小鳥の鳴き声使いのTIFFANY PERSONS。須永辰緒さんも好きなスティーヴィー「BIRD OF BEAUTY」のカバーも。

 
MIXCD HLPCD 114
2004.06.15 release
MIX CD-R 発売中
FEEL IT IN MY KISS〜IN THE MIX WITH MADONNA / babeefunk
   

「待ってました」の、夢の企画!!マドンナファンのbabeefunkがマドンナの楽曲だけで制作したミックスCD!!
80'sリバイバルを狙ったわけでなくベビーファンクは本気!!マドンナが大好きなベビーファンクの思い入れがタップリ!!
20年間もポップスターを続けてきたマドンナの「楽曲の良さ」「魅力的な声」「ダンス・ミュージックとしてのクォリティの高さ」を再認識させてくれる!!再発見→再生を繰り返すクラブ・ミュージックの、次の方向を示してくれるCDでもあります。「懐かしさ」だけでなく、「今の時代に新鮮に響く、限りなく新しい音楽」として提案!!「organic school 01」に収録して曲の良さとその黒さを再提案した「BORDERLINE」路線の「AIN'T NO BIG DEAL」「LUCKY STAR」なんて選曲から、最近のヒット曲「MUSIC」「BEATIFUL STRANGER」。そして「LIFE A VIRGIN」「OPEN YOUR HEART」「INTO THE GROOVE」といった彼女の黄金期の有名曲までも、ためらいなく収録した思い切りのよい内容!!「RAIN」「TAKE A BOW」なんてメロウな名曲を知っているのもマドンナファンのbabeefunkだからこそ!!

 
MIXCD HLPCD 115
2004.07.15 release
MIX CD-R 発売中
LOVE4ONEANOTHER〜THE GREATEST ROMANCE OF PRINCE / MURA-T
   

HAWAII LABEL初の1アーティスト物のMIX CD、J5 BEATSをリリースしたMURA-Tが、今回取り組んだのはなんとPRINCE!現在進行形の彼と、彼を取り巻くアーティストの曲をセレクト。
MIX 1は、こんな曲もあったな〜と懐かしむ事も可能、そしてあまり接してこなかった人には、かなり新鮮に聞こえる『MELLOW SIDE』。
MIX 2は、80'S FUNKの名曲とも言える名曲の数々を、ガラージマナーで一気に聞かせる『DANCE SIDE』。
MIX 1には、MADONNAとのデュエットや、SHEILA E.の隠れた名曲、ファンなら納得の BROWNMARKのPRINCE参加曲BANG BANG、そしてMELLOWファンにはたまらないMY LOVE IS FOREVER等、MIX 2にはLADY CAB DRIVERやVANITY 6の名曲でLARRY LEVANもPLAYしたNASTY GIRL、THE TIMEのJUNGLE LOVE辺りのファンクチューンを中心に収録しています。
babee funkとDJ BOYFRIENDとの何気ない会話から実現したこの企画、MADONNAと両方ゲットして、世の80'Sブーム便乗企画との違いを感じて欲しいです。

 
MIXCD HLPCD 116
2004.07.15 release
MIX CD-R 発売中
BEGINNING OF WINTER / babeefunk
   

季節をテーマにしたシリーズ、今回は「冬」。2001年にスタートし、3年半越しで、シリーズ第一期完結です。
寒〜い季節に芯から暖かくなれるようなもの、「LOVE」をテーマにした選曲。『IN THE CAFE GROOVE』路線の耳馴染みのよい普遍の名曲を中心に、「寒い冬、外出の後に飲むホット・ドリンク」のように、心をあたためてくれるセレクト。生演奏の曲がそれ程多く選ばれていないのに、生感を強く感じさせるのbabeefunkの凄いところ。ソウルもジャズもハウスもR&Bも意識することなく、ひとつの流れの中に、自然と解けこませているところも素晴らしい。

デ・ラ・ソウルネタのスモーキン・ロビンソン。みんな大好きなメロウ・グルーヴ『there's nothing like this』。今ちょうどいい感じのUA『MILK TEA』もインストで収録。スティーヴィー『MY CHERIE AMOUR』使用の『destiny』、レア・グルーヴ〜FREESOUL人気曲『be thankful』、みんな好きなファット・バック『love』。中でも『TIME AFTER TIME』のフォーキーなカバーはみんな探すことになるでしょう。他にもシャーデー、ジャネット、ポート・オブ・ノーツ、スィング・アウト・シスター、ジャミロクアイ等の曲もうまく挟んだ内容。

 
MIXCD HLPCD 117
2005.02.02 release
MIX CD-R 発売中
DJ POGO'S BEAT MANIA VOL.2 / DJ POGO
   

DJ BIZNIZZらとのチームEN4CERSで99年DMC UK CHAMPIONとなるなどUKヒップホップ界に無くてはならない存在であるDJ POGO。本作は以前ブートが出回ってしまった程素晴らしい内容。最近では『PULP FUSION』でのSOUL、FUNK、JAZZ、RARE GROOVEを使用したミックスを聴いて知った人も多いでしょう。ヒップホップでない音源も彼の手に掛かるとヒップホップにしか聞こえないところが凄い。今作もヒップホップ定番ネタブレイクビーツを使用しての2枚使い、超絶スクラッチはもちろんだが、テクニックを競うだけの内容に終わらず、素晴らしい構成力で何度だって聴かせてしまう。テクニック至上主義ではないHAWAII LABELのスタッフを惹きつけるのはその両方を兼ね備えているのが理由。

 
MIXTAPE HL00
0000.00.00 release
販売終了
BIG BIZNIZZ VOLUME ONE / DJ BIZNIZZ
   

DJ POGOらとのチームEN4CERSで99年DMC UK CHAMPIONとなり、古くはLONDON POSSEの一員であった事でも有名。古くからの活動でUKヒップホップ界に欠かせない存在というのはもちろんそうだが、TYの作品にも楽曲を提供したり、RITCHY PITCHとレギュラ−・パーティーを主宰したりと現在のシーンへの影響も大きい。ヒップホップクラシック/ダンクラ/ジャジーヒップホップと幅広いジャンルからのセレクトをしているが一貫した流れがあるおもしろい内容。こちらもテクニック的な事だけでなく、流れの良さ、ミックスのおもしろさで何度も聴かせてしまう。

 
MIXTAPE HL02
0000.00.00 release
販売終了
daily classics label CD CATALOG
ハワイレーベルの別ライン。
インターネットラジオ”daily classics”発ミックスCDの紹介
http://dailyclassics.main.jp/sound/fullmtic.ram
   

ハワレコがお送りするインターネットラジオ『DAILY CLASSICS』発セレクトCD。
ハウスビートに絞った選曲で2ヶ月間限定で、ファイル付き500円の太っ腹価格500円!!(VOL1〜12まで収納可能)!!
テイ・トウワのCM曲やジャズ・クラシック『FREE』カバー、ホール&オーツ『I CANN'T CO FOR THAT』リミックス、マーヴィン・ゲイ『WHAT'S GOIN' ON』カバー、TOMBO IN 7/4カバー、ROY AYERS『SUGAR』等デイクラ・クラシック満載!!BGMにも最適な聞きやすい選曲と無音部分を無くし、流れにも着を使った長く聞けるセレクトCDとなりました!!
今後は2ヶ月一回で新譜中心のセレクトでリリース予定!!期間が終了するとファイルは付きませんのでお早めに!!
こちらの”オリジナルCD販売”から聞いて頂けます!!

 
SELECT CD SCD 00001
2005.04.15 release
販売終了
ON THE RADIO / FULLMATIC
   

ハワレコがお送りするインターネットラジオ『DAILY CLASSICS』発ミックスCD。
ナナイロネイロにDJとして参加し、現在シザーハンズポッセとして大阪を拠点に活動しているFULLMATICの初リリースはインターネットラジオ『DAILY CLASSICS』のDJミックスコーナーからの第一弾。

B-BOYなら反応してしまうサンプリングネタと、新譜ヒップホップ、オリジナル曲をはさみこみ、たまらなくメロウなミックスCDが完成。
ロード・フィネス『GAME PLAN』ネタ、スリック・リック『BEHIND BARS』ネタ、2パック『DEAR MAMA』ネタ、ダイアモンドD『NEVER』ネタ、ディープパープルまで全23曲収録。トラックリスト付き。
こちらの”オリジナルCD販売”から聞いて頂けます!!

 
MIXCD MCD 00001
2005.04.15 release
販売終了